市立小樽美術館 市立小樽美術館協力会

次の展覧会

2F 企画展示室

土肥美帆写真展 北に生きる猫

会期:2022年1月22日(土)〜令和3年5月8日(日)

市立小樽美術館では、2022年冬に企画展「土肥美帆写真展 北に生きる猫」を開催いたします。

小樽市は、北海道の玄関口として栄えた歴史ある湊町です。本展は、豊かな自然と人情味のあふれる街・小樽で、厳しく冷え込む冬も懸命に生きる猫たちの姿捉えてきた写真家・土肥美帆の写真展です。

また、同時開催として、小樽美術館所蔵の風景画の展覧会も同時開催します。小樽の自然の中に生きる猫たちの姿を通して、小樽の地域性やその風景について、一考の機会となれば幸いです。

美術館で味わう小樽の冬を、どうぞご堪能ください。


土肥 美帆(どい・みほ Doi Miho)

北海道生まれ、滋賀県草津市在住。2014年より北海道・小樽で生きる猫たちの姿を撮り続けている。

2016年 JPS 展 文部科学大臣賞。2017年 ニッコールフォトコンテスト 大賞(モノクロームの部)。2015、16年 岩合光昭ネコ写真コンテスト グランプリ。2016、17年 滋賀県写真展覧会 芸術文化大賞。2015、17年 京都現代写真作家展 琳派400年記念賞 準大賞。2019年 大阪ニコンギャラリーにて個展「北緯43度」を開催。

観覧料 ※1.2.3F共通券 文学館との共通券
一般 500円(400円) 600円(480円)
高校生 250円(200円) 300円(240円)
中学生以下 無料 無料
小樽市内高齢者 250円(200円) 300円(240円)
障がい者 無料 無料

・( )内は20名以上の団体料金

▲pagetop

Copyright 2001-2021,Otaru Municipal Art Museum.All Rights Reserved.