市立小樽美術館 市立小樽美術館協力会

過去の展覧会

2F 企画展示室

特別展「甦る炭鉱の記憶」

会期:2017年7月8日(土)~9月17日(日)

小樽は北海道最初の鉄道・旧手宮線で産炭地と結びついていた。厳しい自然にさらされる北海道の生活に加え、危険を伴う労働と背中合わせのなか、炭鉱に住む人々は強い絆で結ばれ、生活を守り、そこにしかない精神文化を形成していった。

本展は、夕張市教育委員会、小樽市総合博物館の収蔵品により、日本の近代化に大きな役割を果たした炭鉱にまつわる美術作品、資料ならびに、手宮線に関する資料を調査し展覧することで、炭鉱に生きた人々の労働や生活、文化をご紹介するものです。

観覧料 ※1.2.3F共通券 文学館との共通券
一般 500(400)円 600(480)円
高校生 250(200)円 300(240)円
中学生以下 無料 無料
小樽市内高齢者 250(200)円 300(240)円
障がい者 無料 無料

・( )内は20名以上の団体料金

▲pagetop

Copyright 2001-2017,Otaru Municipal Art Museum.All Rights Reserved.