市立小樽美術館 市立小樽美術館協力会

過去の展覧会

2F 企画展示室

特別展「大月源二展 新たなリアリズムを求めて」

会期:2017年4月29日(土)~7月2日(日)

戦前プロレタリア美術の代表的な画家であった大月源二は、弾圧、解放に追い込まれた後、戦後は北海道に戻り「生活派」の結成に至った。本展では、仮釈放の翌年に描かれた「走る男」から1960年代までの作品の推移を粗描してみるとともに、残された言葉と背景をさぐり制作の動機や表現法の変化を辿る。

観覧料 ※1.2.3F共通券 文学館との共通券
一般 600(480)円 700(560)円
高校生 300(240)円 350(280)円
中学生以下 無料 無料
小樽市内高齢者 300(240)円 350(280)円
障がい者 無料 無料

・( )内は20名以上の団体料金

▲pagetop

Copyright 2001-2017,Otaru Municipal Art Museum.All Rights Reserved.